施術の前の禁止事項

施術台

施術をする前には控えたほうが良いこと

サロンではどのような状態でも脱毛の施術ができるというわけではないことを知っておく必要があります。いくつか注意点があり、それを守って施術を受けることで安全性を確保することができます。まず、レーザー脱毛を行う前には、絶対に日に焼けることはご法度であるとされています。その理由は、レーザー脱毛のメカニズムに関係しているからです。レーザー脱毛に用いられる出力の高いレーザーでは、毛根に含まれるメラニンに反応し、レーザーが照射されます。そうすることでメラニンを含む毛根の細胞が破壊され、自然と体毛が抜け落ちるという仕組みになっています。しかしながら、日焼けをしてしまうと毛根だけでなく皮膚にもメラニンが増えてしまいます。そうなってしまうと、レーザーが皮膚のメラニンに反応し、最悪の場合火傷を追ってしまうことがあります。冬場はそれほど問題になりませんが、夏場の脱毛の施術に際しては、サロンではトラブル防止の観点から必ず確認を行っています。日焼けをした場合は、施術を受けることができず、しかも皮膚の日焼けが落ち着くまでは脱毛サロンを利用することができません。次に、施術前の飲酒も禁止事項の一つです。飲酒をしてしまうと、毛細血管が開いてしまうことから、レーザーに対する肌の感度が高くなり、結果的に痛みを強く覚えるようになります。このように、サロンではいつでも気軽に脱毛できるというわけではなく、禁止事項があるので気をつける必要があります。

Copyright© 2020 安全かつ確実であることで利用する人が増えている All Rights Reserved.